女性

二世帯住宅にぴったりの高齢者住宅|快適に過ごせる注文住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

日中の介護は任せる

介護

日中の介護はできるだけデイサービスに任せるようにしましょう。デイサービスを利用することによって高齢者は多くのメリットを得ることができ、楽しい時間を過ごすことが可能になるのです。

もっと読む

飽きの来ない食事

食事

介護食は非常に役に立つものです。通販ですぐに購入することができるので、定期的に用意することができ、高齢者の好みに合わせて毎回食事を準備することが可能なるのです。

もっと読む

バリアフリー化がされた家

老人

年齢が高くなると、今まで暮らしていた家での暮らしも不便となる場合があります。若い頃に買った一戸建ての物件は、若い頃に快適に過ごせるように設計されているので、年齢が高くなり足腰が弱ってくると暮らしにくい点も多く見つかるでしょう。手すりが付けられていない段差が急な階段ですと、登る際に体に大きな負担が掛けられます。また、下りるときも転倒などのリスクがあるため、何の対策も行なわないと不便でしょう。年齢が高くなると、腰が曲がってしまい身長も低くなるので、若い頃に使っていたキッチンの戸棚に手が届かないといった問題も生じます。年齢の高い高齢の人が快適に住むには、高齢者用のリフォームを行なうとよいでしょう。階段に手摺を付けることや、キッチンを交換することにより、家の中でも快適に暮らすことができるでしょう。住宅の建設を行なう工務店の中には、リフォームを行なう会社も多いので、使いづらさを感じたならば依頼をしておくとよいでしょう。

高齢の親のために二世帯住宅を建てたいとする場合、高齢者に優しい設計となっている高齢者住宅を建てるとよいでしょう。専門の工務店が建ててくれる高齢者住宅は、家にあるさまざまな設備が高齢者でも問題なく使えるようになっています。足腰の弱った高齢者にとって使用が困難な設備といえばトイレです。高齢者住宅は、車いすでも入れるように広いトイレを設計してくれます。手すりなども各所に配置するので、トイレに腰掛ける際にも負担が掛かりません。家の各所をバリアフリー化するため、ちょっとした段差に足をとられることもなく、安全に家の中で暮らしてもらうことができるでしょう。

介護者向けの施設

一軒家

高齢化が問題になっている福岡では老人ホームが増えています。いろいろな種類がある老人ホームですが、レクリエーションを楽しめるような施設を利用すると、介護者が満足できるような生活を送れます。

もっと読む