家と手

二世帯住宅にぴったりの高齢者住宅|快適に過ごせる注文住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護者向けの施設

一軒家

昔から商業都市として栄えてきた福岡は、観光スポットや繁華街も多いことで知られています。若者向けのサービスが増えたことから、20~30代の移住者が増加傾向にありますが、高齢者も増加していることが問題になっています。現在では、その問題を解決するために、福岡市内に様々な老人ホームができました。

福岡市には、ショートステイと呼ばれる老人ホームが話題になっています。老人ホームといえば、長期的に介護者を預ける印象がありますが、旅行や忙しい時に短い期間だけ預けることができる施設のことです。一般的な老人ホームが数年間預けることが出来ることに対し、ショートステイの最大滞在期間は1か月になります。施設によって異なりますが、1泊2日から預けることができる施設も増えています。1泊あたり4,000~7,000円から利用できるため、人気を集めています。

福岡には上記のようなショートステイ以外にも、特別養護老人ホームや介護型有料老人ホームなど様々な介護施設があるため、どの施設を選べば良いのか迷う方もいますが、注目しておきたいことがサービス内容です。ただ介護をしてもらう施設では、つまらないものです。介護者が楽しく生活できる施設を利用したいなら、レクリエーションが充実した介護施設を選びましょう。ゲームや趣味を楽しめるレクリエーションルームを設置した老人ホームなら、充実した生活を送ることができるでしょう。